2005年05月10日

君の名残を

あらすじ:
幼馴染みでそれぞれに男女の剣道部の主将を務める高校生、
白石友恵と原口武蔵は、下校途中、工場火災に巻き込まれ、
そのまま消息を断った。
二人は、友恵の友人由紀の弟・志郎と共に、
平安末期の世界へと呼ばれたのだった…。
FROM Amazon


感想:
正直物足りないかったかなと・・・
歴史ものといった感じでは全くないのだが
平家物語とかそこらへんに全く興味が無かったのと
仕掛け自体に対して、冷めてしまったので素直に楽しめませんでした。
木曾、源、平にそれぞれ魅力的な人物がいて
主人公たちと絡んで物語が進んでゆく様はうまかったのですが、
物語としての情報量に対して、
ページ数が足りなかったから、全体として薄くなってしまい
上記のような感想になったのかなという気もします。
『万感胸に迫る感涙の一作』と帯にはありませんが
僕的には、帯にだまされたかなといった感じです(笑)

「四日間の奇跡」とどちらが面白かった?と聞かれると
人によって好みは分かれると思いますが、「四日間の奇跡」の方が
よかったかなぁと
そういえば、あれも仕掛け的にかなり無茶でしたが・・・



君の名残を
 君の名残を     
 浅倉 卓弥 (著)
 宝島社
 税込価格 :¥1,995


 AMAZONで買う

 BK1で買う

posted by clavier at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。